***当日券若干ございます。***

オトギユーギでは随時出演者を募集しています。お気軽にお問い合わせください。
otg1001@gmail.com

自己紹介童話「如月せいいちろー」

cdd7216d.jpg

昔昔、ピンクレディーが世間でフィーバーしていた頃、目の細い男の子が生まれた。
その男の子は、小さい頃から、モノを作るのが好きだった。

ある日、少年は、「秘密基地」というものを作りだした。
図画工作が大好きな少年だったから、基地を作るのは、お手の物だった。

だが、それは、日に日に、巨大化していき、周辺の空き家を飲みこんでしまうほど。
もう、それは「秘密」の基地などと呼べるものではなかった。
当時住んでいたマンション史上類を見ない最大版図誇る巨大な「要塞」へと変わっていた。

少年は歓喜した。
自分の力で、こんなに立派なものが出来上がった!
もっと!もっと!
少年は、さらに、裏山から、がらくたを持ちこみ、要塞を堅牢なものに、膨れあがらせていった。

しかし、ある日、全く秘密ではなくなった巨大な要塞は、悪の魔女軍団ママンたちに目をつけられた。
魔女ママンたちは、地域の会合の末、要塞撤去へと踏み切ったのだった。
半年に渡って築城した栄華は、ママンが召喚した「ギョーシャ」の力の前に無に帰した。

こうして、大人たちに眉をひそめさせたがらくたの塊はなくなった。
少年は、そっと心に誓うのだった。

「やり過ぎは、良くない。ほどほどが良い」


そして、少年は大人になり、演劇という名の光り輝く泥沼の国に冒険に旅立つ話は、またこんど。

めでたしめでたし。


自己紹介童話「けんじゅー」

指物師のジェペットじいさんは、一本の薪からナイフ一本で器用にあやつり人形を作りました。
なんとそのあやつり人形はひとりで勝手に声を出し立ち上がり動き出したのです。
おじいさんはその人形に「けんじゅー」と名づけました。

「けんじゅー」はわんぱく小僧で、おじいさんが上着を売って教科書を買ってくれたのに、学校へ行く途中で見世物小屋に行っちゃいました。
そんなコトしてるもんだから、家に帰る道中、彼はずるがしこいキツネとネコにだまされ燃やされそうになりました。 自業自得ですね。

しかし、危ないところを青い目の軍曹に救われ、そのまま傭兵部隊に入りました。
日々の特訓、そして死と背中合わせのミッション。
時には血で血を洗い、仲間の屍を燃料にし、いつしか涙も涸れ果てて彼の心は荒んでいきました。
そんな時、戦火の中で歌う少年に出会いました。
少年の歌うアニソンに彼は勇気をもらい、正義の意味を知るのでした。

そして最後にクジラに飲み込まれたミッキー・ロークじいさんを仲間と救い出し、スタローンは人間になったのでした。

めでたしめでたし。

IMG_4552

ギャラリー
  • 2017/4/21 本日オトギユーギ14歳~当日チケット若干あります
  • 2017/4/21 本日オトギユーギ14歳~当日チケット若干あります
  • 2017/4/21 本日オトギユーギ14歳~当日チケット若干あります
  • 2017/4/21 本日オトギユーギ14歳~当日チケット若干あります
  • 2017/4/21 本日オトギユーギ14歳~当日チケット若干あります
  • 2017/4/21 本日オトギユーギ14歳~当日チケット若干あります
  • 2017/4/21 本日オトギユーギ14歳~当日チケット若干あります
  • 2017/4/21 本日オトギユーギ14歳~当日チケット若干あります
  • 2017/4/21 本日オトギユーギ14歳~当日チケット若干あります
  • ライブドアブログ